セットにも!メンズにおすすめのドライヤーランキング2018

メンズでも髪の毛の乾燥にドライヤーはあったほうがいいもの。

また、髪セットの仕上がりにも関わってきますよね。そんなわけで最新モデルを対象にメンズにおすすめのドライヤーをピックアップしてみました。

シャープ IB-HX9K

シャープのプラズマクラスタースカルプエステ。はじめて登場したときにはアタッチメントの独特の形状などが話題になりました。

そのスカルプエステの後継モデルです。5本の指先のような形をしたかっさアタッチメントはヘアドライ後に使うことで頭皮のマッサージができます(育毛に関しては効果があったらいいなレベルで期待しないほうがいいでしょうが・・・)。

セットの面でもプラズマクラスターで静電気の発生を抑えてくれるので役立つでしょう。

ビューティモードは温風と冷風を交互に切り替えてくれるので温風の当てすぎによる髪の痛みも抑えられそうです。このモードでは温度センサーで周囲の温度を感知し季節に合わせた温度にしてくれる機能も追加されています。

この他、温度は

  • 約95℃のスピーディドライ
  • 約75℃のいたわりドライ
  • 約50℃の地肌ドライ
  • COLD

と変えることができるので状況に応じて使うことができます。

何気に風量も1.7m3/分とかなりあるのもポイントです。

 

パナソニック ナノケア EH-NA99

メンズのおすすめのドライヤーを選ぶ上でもこのモデルは外せないでしょう。

大人気のパナソニックナノケアシリーズです。

効果については意見の分かれるドライヤーのマイナスイオン機能ですが、パナソニックのナノケアは「ナノイー」と「ミネラルマイナスイオン」を搭載しており、髪の毛のツヤがアップしたという口コミもよく見かけます。1つ前のモデルEH-CNA98を使ったことがありますが、確かに髪の毛のツヤの感じがアップしました。

このモデルから新たに毛先集中ケアモードが搭載されて毛先に風を当てやすくなりました。

高級機種だけあって機能は豊富で「温冷リズムモード」や室温に応じて温度を調節してくれる「インテリジェント温風モード」、「スカルプモード」を備えています。

どれほど効果があるかは分かりませんがナノイーとダブルミネラルを含んだ風を当てることでお肌のケアをする「スキンモード」もあります。

価格はそれなりにしますが口コミによる評価も高い一品です。

風量は1.3m3/分ですが、多機能なドライヤーが欲しいなら検討したい1台です。

パナソニック イオニティ EH-NE59

ここまでは高級なモデルを紹介してきましたが、価格重視ならパナソニックのイオニティシリーズがおすすめです。

ナノイーは搭載しておらずマイナスイオンだけなのでこの点はあまり期待できませんが低価格帯ながら1.9 m3/分という大風量かつ475gと軽量なのが大きな魅力です。

モードもターボ・ドライ・コールドの3つできめ細かなケアはできませんが、まずは髪の毛の乾燥ができればいいという人はこれで十分でしょう。

コスパ重視の人に。

オーム電機 HB-HDK320

とにかく安くという人はセット向けにHB-HDK320はどうでしょうか。

値段のわりに1.5m3/分と風量があります。重量も350gとかなり軽量です。

そして温風の温度が約80℃となっています。温度が低いと髪の乾きは遅くなりますが、髪の毛が耐えられる温度は70℃程度と言われています。HB-HDK320なら少し離して使えば70℃以下の温風で使えそうですね。

あえて温風温度の低いドライヤーを使うことで髪の毛へのダメージを抑えつつ髪のセットをするのもいいかもしれません。

ただ、価格が価格なので機能に期待するのは酷ですね。

コイズミ モンスター KHD-W720

風量とコスパ重視ならコイズミのモンスターシリーズに注目です。

2.0m³/分とトップクラスの風量を誇ります。大風量によって短時間で乾燥させることによって髪へのダメージを少なくすることが狙いの1つのようです。

操作面では押している間だけ冷風になるクールショットスイッチというものが搭載されています。これは使いようによっては便利ですね。

吸い込み口のフィルターが着脱式になっているのは便利です。お手入れの楽さの面でもコイズミのドライヤーは優れているといえるでしょう。

テスコム SALON de TESCOM TID2200

テスコムのTID2200も2.0m³/分と大風量かつお手ごろなお値段です。

ですが注目なのは大風量だけではありません。

大風量以外にも「プロテクトイオン」という機能があります。マイナスイオンとプラスイオンを同時に放出することで静電気を抑制し髪の毛の広がりを抑えてくれるようです。

外気を取り込みながら乾かすことで温風温度の上昇を防ぐ「モイスチャーフード」も付属していて、ヘアケアのことも有る程度考えたモデルといえるでしょう。

価格を抑えつつも有る程度ヘアケアもという人はチェックしてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

2017年女性におすすめのヘアドライヤーランキング あのメーカーが良い!

女性にとって髪の毛はアクセサリーよりも大切な物、と言えるかもしれません。シャンプーやトリートメントに気を遣うのと同じように、ヘアドライヤーにもこだわりを持つ女性が増えてきました。高性能のドライヤーが次々と登場するに伴い、全体の価格も徐々に高くなっているようです。

値段の高いものが高品質であることは間違いないようですが、それが自分に合っているとは限りません。いろいろな方向からよく検討し、満足できるドライヤーを見つけましょう。

ここでは、ヘアドライヤーを比較するのに重要なポイントとなる「風量」「重さ」「機能」「価格」の観点で1位~5位までのランキングを付けました。

1、シャープ プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

シャープの顔であるプラズマクラスター機能が搭載されています。そのため、静電気をグングン抑え広がらない滑らかな髪を実現できます。

ネット通販ではパナソニックのネームバリューと宣伝効果に押されて、何だかイマイチ目立たないように感じますが、品質はパナソニックのナノケアに劣らない商品だと思います。口コミでの満足度も非常に高く、価格も10000円ほどで高性能の割に購入しやすい値段である事からおすすめランキング1位にしました。

重さは590グラムと軽いので、女性にも扱いやすいドライヤーです。しかしその軽いボディーで1.7m3/分の大風量を出し、髪をスピーディーに乾かします。

またスカルプモードもあり、髪と頭皮の両方を健康な状態に保ってくれます。「風量」「重さ」「機能」「価格」の全てのバランスがとれている良い商品だと思います。

シャープ プラズマクラスタードライヤー IB-GP9 R(レッド系)を楽天市場でチェック

シャープ ヘアドライヤー プラズマクラスター搭載 アンティークゴールド IB-GP9-Nをアマゾンでチェック

シャープIB-GP9をYAHOOでチェック

2、パナソニック ナノケア EH-CNA98

ナノイーとマイナスイオンがダブルで作用し、髪の潤いを保ちます。口コミで「一度使い始めたら手放せない」という人もおり、多くの人が品質の良さを実感している商品です。一般的に、女性が使うヘアドライヤーは600グラムまでが疲れなくて持ちやすい、と言われていますが、このドライヤーは575グラムでこの基準をクリアしています。

また風量も1.3m3 /分あるので、物足りなさを感じることなく快適に使えるでしょう。

この商品にもスカルプモードがあったり、温冷酢リズム風があったりとモードが充実。価格は少し高額になりますが高いだけのことはあり、機能が充実しています。

髪を美しく保ちたい女性に人気があり、満足度も高いでしょう。

当サイトでは購入時にレビューもしていますのでEH-CNA98の写真付きレビューもよろしければご覧ください。

ちなみにCNA98、NA98と製品がありますが量販店モデルかどうかの違いです。基本性能の違いは無く、ノズルのカラーが微妙に違うだけなのでたいして気にすることは無いでしょう。

Panasonic EH-CNA98-RPを楽天市場でチェック

パナソニック ヘアードライヤー(ルージュピンク)Panasonic ナノケア EH-NA98 の限定モデル EH-CNA98-RP

パナソニック EH-NA98をYAHOOでチェック

3、パナソニック イオニティ EH-NE58

「髪の健康も気にはなるけど、お財布の中身ももっと気になる」という人におすすめなのがこの商品です。リーズナブルなのがたいへん魅力です。

しかし、ただ低価格であるだけでなくマイナスイオン機能が搭載されていること、1.9m3/分の大風量であること、475グラムという非常に軽い設計であることからとても使いやすい商品であると言えます。

ナノイーにこだわりが無い人にとっては価格性能とも満足がいくのではないでしょうか。コスパ重視の人におすすめです。

パナソニック イオニティ ヘアードライヤー ピンク調 EH-NE58-Pを楽天市場でチェック

パナソニック ヘアードライヤー イオニティ ピンク調 EH-NE58-Pをアマゾンでチェック

パナソニック EH-NE58をYAHOOでチェック

4、テスコム マイナスイオンヘアドライヤー ioneTID956

こちらもリーズナブルな価格で購入できます。品質と価格のバランスがとれたベーシックなドライヤーです。おすすめランキング3位のイオニティよりも100グラム近く重いので4位にしましたが、それでも560グラムと十分な軽さです。

風量も大風量1.8m3/分とこのクラスでここまであれば十分ではないでしょうか。

ヘアケアからの見方ではなく、ドライヤー本来の速乾性に重きを置いて選ぶのであれば、満足できる商品でしょう。

テスコム ione マイナスイオンヘアードライヤー TID956-P ピンクを楽天市場でチェック

TESCOM ione マイナスイオンヘアードライヤー ピンク TID956-Pをアマゾンでチェック

テスコム ione TID956をYAHOOでチェック

5、ルーヴルド 復元ドライヤー LJ-365

これはすでにドライヤーというより美容器具と呼ぶべきなのかもせれません。「ヘアホスピ」の理念を元に設計されており、髪だけではなく全身をケアすることができます。

人の細胞と共振共鳴作用を起こす「育成光線」と呼ばれる波長を出し、細胞を活性化させるというものです。「育成光線を髪や体各部の気になるところに当てたら、ツヤが出たり引き締まったりするという感想が聞かれます。60度の低温で髪を乾かすことで熱によるダメージをなくす点も特徴です。

現時点ではかなり高価ですが、予約が殺到するほどの人気商品です。

LOUVREDO フクゲン ドライヤーを楽天市場でチェック

ルーヴルド 復元ドライヤー LJ-365をYAHOOでチェック

様々な価格帯からおすすめのドライヤーをランキングで紹介しましたがいかがでしたか?どれが自分に合うのかをよく見きわめて、後悔しない買い物ができるといいですね。

スポンサードリンク

くせ毛におすすめのくるくるドライヤーランキング2018!使い方も解説!

くせ毛の人にとって毎朝のセットは本当に一苦労です。でもくるくるドライヤーを上手く使うことで毎朝のイライラが解消できるかもしれません。

まずはくせ毛の人がくるくるドライヤーを使う時に覚えておきたいいくつかのポイントについて見てみましょう。

 ドライヤーとくるくるドライヤーを混同しない!

これはくせ毛であるかどうかに関わらず、全ての人に言えることです。「くるくるドライヤーのブラシを外せば普通のドライヤーと一緒でしょ」と思っている人がいるようですが、実は全然違うんです。

ドライヤーはその名の通り髪を乾かす道具ですが、くるくるドライヤーはヘアーアイロンと同じ仲間だと考えましょう。そのため、くるくるドライヤーで髪を乾かそうとすると髪に熱が加わり過ぎて髪を傷めてしまいます。

そして傷んだ髪にはさらに厄介なうねりがついてしまうのでくせ毛がいっそう扱いにくいものになってしまうのです。ドライヤーを使って髪を9割ほど乾かした後でくるくるドライヤーを使うようにしましょう。

 冷風機能をしっかり使う!

くるくるドライヤーを使ってくせ毛をまっすぐにする場合、冷風機能は欠かせません。

温風を当てた髪はキューティクルが開き、絡まりやすく広がりやすい状態になっています。これではくせ毛はさらにひどくなりごわついてまとまらない髪になってしまいます。

冷風機能をしっかりと使ってキューティクルを閉じてあげると、滑りの良いまとまりやすい髪になるのでくせ毛にありがちな広がりとボリュームを抑えることができます。

 根元からブローする!

くせ毛を直そうとして、くせの出ている部分だけにくるくるドライヤーをかけていませんか?毛足だけが跳ねてしまうような気がして、その部分だけを集中的にブローしてしまいがちです。

でも、これではあまり効果が出ないんです。寝癖などの一過性のものではなくて生まれつきのくせ毛の場合、髪の根元からうねりが始まっていることがほとんどです。全体的にみると毛先だけが跳ねているように見えたとしても、その原因は根元にあるんです。

そのためそのくせを修正したいのなら、髪の根元からブローしてあげることが大切になってきます。くるくるドライヤーのブラシを大きく使うことがくせ毛を抑えるのに欠かせない要素です。

 ダメージケアを意識してくるくるドライヤーを選ぼう!

多くの人が経験していることだと思いますが、髪の毛は傷めば痛むほど広がりやすくなります。ストレートヘアの人にとっても厄介なこの現象ですが、くせ毛の人にとっては本当に致命的です。

そしてさらに悪い事に、傷んだ髪は柔軟性がないのでくせを伸ばすことが一層難しくなります。無理やりやろうとすればダメージはさらに進行し、焼き切れてしまうということもあります。くせ毛の処置と髪のダメージケアは一見するとそんなに関係無いように思えるかもしれませんが、実際にはとても重要なポイントなんです。

シャンプーやトリートメントに気を使うのはもちろんですが、くるくるドライヤーを選ぶ時にもダメージケアの観点から見てみるとくせ毛を克服するのに有効なアイテムを選ぶことができるでしょう。

くせ毛におすすめのくるくるドライヤーは?

ではここでくせ毛におすすめのくるくるドライヤーをランキング別に見てみることにしましょう。評価基準は、

  • 機能性 (基本的な機能があれば★3つ、その他仕上がりの良し悪しなどを考慮)
  • 価格  (性能と比例していれば★3つ、ただし平均価格より大きく上回る物はマイナス1)
  • 重量  (300グラムから350グラムであれば★3つ、50グラム以上重い物はマイナス1)
  • アタッチメント (くせ毛矯正に有効な物が一つ付いていれば★3つ、その他アタッチメントの数や機能を考慮)

の4項目です。それぞれを5点満点とし合計点でランキング付けしました。ちなみにグリップの太さや大きさは各製品に大きな差がなかったため、評価基準には含めませんでした。操作性にも差が見られないように思い基準に含めませんでした。

 パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN89

・機能性     
・価格      
・重量      
・アタッチメント 
・合計点     14点

パナソニックのナノケアと言えば「ナノイー」です。くるくるドライヤーだけでなくドライヤーでもこのナノケアシリーズは髪がサラサラになるとの定評があります。

このシリーズが全体的に高額何にも関わらず非常によく売れる商品だという事実は、やはりナノイー効果を実感する人がとても多いという事の証拠でしょう。それで機能性は★5つです。

そしてEK –KN89の一番の強みはサロンブローブラシです。ヘアーアイロンのように髪をブラシで挟み込むことができるため、髪の根元から毛先まで均一に温風を当てることができます。そして同じようにクールショット機能で冷風をあてればくせ毛を簡単に伸ばすことができるのです。そのためアタッチメントも最高評価の★5つです。

しかし、やや残念なのが重量です。一番シンプルなワイドブローブラシを付けたときに375グラム、サロンブローブラシを付けると410グラムです。くるくるドライヤーは300グラム程度が使いやすいので、それと比べるとかなり重いことが分かります。

そして多機能な分価格も上がり、Amazonで12000円ほどです。それで重量、価格は共に★2つとなりました。

 テスコム カーリングドライヤー マイナスイオン TIC750

・機能性     
・価格      
・重量      
・アタッチメント 
・合計点     14点

全体的にバランスの取れた商品です。第一位と同得点の14点ですが、「くせ毛の問題を解消する」という観点から見てこの商品は第二位になりました。これは「くせ毛も何とかしたいけれど、10000円超えのくるくるドライヤーには手が出せない」という人に一押しの商品です。

マイナスイオン発生装置がついてダメージケアの点でも問題なく★3つです。そしてAmazonで2700円ほどで購入できることを★4つと評価しました。ロールアイロンブラシが付いていることも特徴です。

温風の温度が120℃あるのが理想的なのですが、この製品は115℃と若干低めです。しかし、ロールアイロンブラシの熱伝導が良いため温度の低さは全く問題にならないようです。

このブラシの使い勝手の良さからアタッチメントは★4つです。重量も320グラムなので基準をクリアしていて★3つとなりました。

 パナソニック くるくるドライヤー イオニティ EH-KE18

・機能性     
・価格      
・重量      
・アタッチメント 
・合計点     13点

このイオニティシリーズもマイナスイオン効果が高いとして人気を保っている商品ですが特に傑出したものがある訳ではないので★3つです。

アタッチメントが普通のブローブラシしかないので★3つですが、くせ毛のタイプが一本一本の縮れではなく全体的にうねるタイプのものであれば、このアタッチメント一つでも問題なく使うことができるでしょう。

336グラムの重量も合格ラインの★3つです。Amazonで3000円の価格で購入でき全体的にとてもコスパの良い商品なので★4つです。

 テスコム マイナスイオン カールドライヤー TIC295

・機能性     
・価格      
・重量      
・アタッチメント 
・合計点     12点

Amazonで1500円ほどで購入できるのは本当に魅力的なので堂々の★5つです。重量も300グラムで理想的で★3つなのですが、マイナスイオンの噴出口が少ないのが機能性のマイナスポイントになり★2つです。

アタッチメントもワイドクッションブラシだけなので★2つになりました。強いくせ毛の人にとっては物足りなく感じるかもしれません。しかし、とりあえずくるくるドライヤーと試してみたいという人には気軽に試せる製品です。

 イズミ マイナスイオン カーリングドライヤー CD-TM57

・機能性     
・価格      
・重量      
・アタッチメント 
・合計点     12点

目立つ特徴のない製品です。Amazonで3000円ほどで購入でき、これは品相応なので★3つにしました。

アタッチメントにアイロン風カールブラシが付いているのでカールさせたい時はもちろん、ストレートにしたい時にもこのブラシで熱しながら伸ばすことができます。これはなかなか効果的なのでアタッチメントは★4つの評価です。

重量は318グラムと使いやすい重さなので★3つです。しかし気になるのが110℃までにしかならない温度です。くせ毛を直す矯正力はやや劣るので機能性は★2つとなりました。

くるくるドライヤーはほぼ毎日使うアイテムです。自分の予算とも相談しながら自分のお気に入りになるものを探していきましょう。

コスパ重視で選ぶ!おすすめのくるくる(カール)ドライヤーランキング2018!

「美容師さんに勧められてくるくるドライヤーを使ってみようかなーって思ったけれど、実際見てみると値段幅が広すぎて結局どれを買えばいいのか分からなかった」なんてのはよく聞く話です。

思い切って奮発して買ってはみたものの、あんまり使いこなしてないという事もあります。こんな残念な結果を避けるためにも、くるくるドライヤー初心者さんはコスパ重視で選んでみると良いでしょう。

もちろん単価が安ければ安いほどいいという事ではありません。単価と自分が必要とするパフォーマンスのバランスを上手くとるのが重要です。自分に合ったコスパ重視のくるくるドライヤーを選ぶ点での4つのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

くるくるドライヤーを選ぶ前に4つのポイントを抑えよう

 使用目的を明確にしよう!

何を購入する場合でも、まずは使用目的がはっきりと分かっていなければいけません。例えば洋服を買う前にはそれを何のために着るのか、家でくつろぐためなのかスポーツのためなのか、もしくはパーティーに参加するためのものなのかを考えます。これを考えないで買うと使えない服ばかりがどんどん溜まってしまいます。

これはくるくるドライヤーを買う時にも当てはまるんです。

「でもクルクルドライヤーの使用目的なんて、そりゃあブローでしょ。」

と思うかもしれませんが、さらにそこを絞って考えてみましょう。

  • 髪をボリュームアップしたいですか?
  • それともボリュームダウンしたいですか?
  • ゆるく自然なウェーブをつけたいですか?
  • それともくっきりカールがいいですか?
  • くるくるドライヤーで髪のダメージケアをしたいですか?それともブローできればオッケーですか?

これらの目的を考えていくと、必要なくるくるドライヤーの形が見えてきます。

例えば「もともと髪はストレートで広がることもないし、ちょっと毛先を自然な内巻きにしたい」というのであれば選ぶべきくるくるドライヤーは、一番シンプルなブローブラシのついたものです。

でも逆に「クセ毛を何とかするためにくるくるドライヤーが欲しい」というのなら、ヘアーアイロンの要素をあわせもったアタッチメントのあるくるくるドライヤーを選びましょう。

もちろんシンプルなタイプの物に比べて価格は上がりますが、目的を果たせない物を買ってしまうより低コストだと言えます。また、マイナスイオンなどの機能がついているかいないかで価格が大きく変わるのでそこもチェックしましょう。多くのメーカーからはマイナスイオン発生装置の付帯したくるくるドライヤーが販売されています。

しかしドライヤーにヘアケア性能を求めていない人もおられるでしょう。この場合こうした装置のない物の方が安価で購入できるため適しています。このように自分が何をしたいかをよく考えて、せっかく買ったくるくるドライヤーが「使えないアイテム」になったり逆に「宝の持ち腐れ」になったりすることのないようにしましょう。

 自分の体格や使用時間について考える!

一般的に多機能のくるくるドライヤーは値段が高くなります。そして重くもなります。それを頑張って買ったとしてもそれが自分にとって重たすぎるようであれば、そのくるくるドライヤーは一気に使い勝手の悪いものになってしまうんです。

製品自体は良いものであったとしても使う人の体格や体力がそれに合っていないと使いこなすことはできません。また、髪質や髪の毛の量によっても使用時間が変わってきます。時間が長ければ疲れやすいですよね。

普通のドライヤーを選ぶ時にも重量をチェックするのは大切ですが、手の小さな人や力の弱い人はくるくるドライヤーを選ぶ時にもっと重量をチェックするべきだと思います。なぜならくるくるドライヤーを使う時は細かな動きと、動かさずにキープすることの両方が重要になってくるからです。

これができないとくるくるドライヤーを使う意味がありません。それならいっその事、付加機能のないシンプルで軽い物の方が扱いやすく思い通りのセットができるでしょう。

 温度は十分かを確認する!

普通のドライヤーの主な役割は髪を乾かすことです。その時に温度が高すぎると髪が火傷してしまうので「低温ドライヤー」というものが主流になりつつあります。温度を下げ、その分風量を増やして乾かそうとするものです。

それでくるくるドライヤーを選ぶ時にも何となく低温の物の方が髪にいいように感じるかもしれません。でもそれは大きな間違いです。

くるくるドライヤーの役割はヘアーアイロンのそれとほぼ同じです。つまり、熱を与える事で髪の流れを作っていくということです。そのためくるくるドライヤーの温度が低いとなかなかスタイリングできないばかりか、何度も繰り返すせいで髪を傷めてしまう結果になるんです。理想は120℃ですが、安価な商品には温度の低い物が多いので必ず確認するようにしましょう。

 クールショット機能は使い勝手が◎!

くるくるドライヤーの真価が問われるのはクール機能にあり、と言ってもいいでしょう。熱で形を作った髪は、冷やすことによってスタイルをキープすることができます。

日本で販売されているほとんどのくるくるドライヤーには、クール機能があるのでどれを買ってもまず一段階はクリアです。でもくるくるドライヤーの温度調整をするのってなかなか難しいんです。

せっかくブラシで丁度よく巻いて温めたのに、クールに切り替えようと時に崩れてしまうなんてことがよくあります。スイッチをセットからクールの位置に変えたいのに、力の入れ加減が難しいのでオフになってしまう…。本当にイライラするものです。

そんな問題を解決してくれるのがクールショット機能なんです。この機能があれば単独のクールボタンを押すだけで簡単に冷風を出すことができ、さらにそのボタンをロックして冷風を出し続ける事もできます。これを使うと、冷風を使うタイミングを逃すことがなくなるというわけです。

コスパ重視でおすすめのくるくるドライヤーランキング

ここまでくるくるドライヤーの選び方のポイントをご紹介しました。では次に、実際にコスパ重視のおすすめくるくるドライヤーを5つピックアップして見てみましょう。評価基準は

  • 操作性 (基本を満たしていれば★3つ、付加的な便利な性能があればさらにプラス)
  • 機能性 (基本的な機能があれば★3つ、その他仕上がりの良し悪しなどを考慮)
  • 価格  (2500円から3500円の物を★3つで標準とし、それから大きく逸脱するものを★5つ、もしくは★1つとする)
  • 重量 (300グラムから350グラムを★3つとで標準とし、それから大きく逸脱するものを★5つ、もしくは★1つとする)

の4項目とします。それぞれを5点満点とし合計点でランキング付けしました。ちなみにグリップの太さや大きさは各製品に大きな差がなかったため、評価基準には含めませんでした。

 テスコム カールドライヤー TS20

・操作性 
・機能性 
・価格  
・重量  
・合計点 15点

この商品の最大の特徴はその価格です。Amazonでは700円をきる驚きの価格で購入できるので★5つです。くるくるドライヤーをちょっと試してみたい、という人でも気軽に購入できます。

シンプルな分操作もしやすく★3つ。重量も290グラムで他の機種よりかなり軽く出来ているので★5つです。

ただ、一つだけ残念なのがその温度。105℃と理想の120℃に遠く及ばないので機能性は★2つです。しかしながら六百円台でこのパフォーマンスは本当にすごい!堂々の一位です。

 テスコム マイナスイオン カールドライヤー TIC900

・操作性 
・機能性 
・価格  
・重量  
・合計点 14点

個人的には非常に好きな商品です。価格はAmazonで3400円ほどで購入できるので★3つです。

「コスパ重視って言ってるのにいきなり3000円オーバーが来た」と思われるかもしれませんが、この商品は3000円台なのにクールショット機能がついているんです。これが操作性★5つの理由です。他にクールショット機能がついている製品というとパナソニックのナノケアシリーズになり一万円ほど掛かります。それを思うと、3400円でクールショットが使え、マイナスイオン装置があり、温度が120℃であるこのくるくるドライヤーは素晴らしくコスパの良いアイテムと言えます。

機能性を★4つとしたのもこのマイナスイオンと温度のためです。ツバキオイルがブローブラシに配合されているので髪にツヤが出るとの声も聞かれます。355グラムと重めなのがマイナス点で★2つですが、それが気にならない人なら何の文句もないでしょう。

 テスコム マイナス カールドライヤー TIC295

・操作性 
・機能性 
・価格  
・重量  
・合計点 13点

特にこれといった特徴のないオーソドックスな製品なので操作性、機能性ともに★3つです。しかし、他のマイナスイオン装置付帯の製品に比べると価格が安く、Amazonで1500円で購入できるのが魅力で★4つです。

重量は300グラムで標準の★3つ。温度は115℃でワイドクッションブラシが付いています。髪を自然に流したいという人にはこのシンプルなくるくるドライヤーはとても使いやすいアイテムです。

 イズミ マイナスイオン カーリングドライヤー CD-TM57

・操作性 
・機能性 
・価格  
・重量  
・合計点 12点

可もなく不可もなく、といったところでしょうか。★オール3つになりました。ただ、この製品には通常のブラシの他にアイロン風カールブラシが付いており、この点で機能性にプラス得点をあげたいです。

しかし、温度が110℃と少し物足りなさがあるのでこれは機能性のマイナス得点です。マイナスイオン機能がありながら318グラムである点も合格ラインでしょう。Amazonで2800円ほどです。

 パナソニック くるくるドライヤー ナノケア EH-KN89

・操作性 
・機能性 
・価格  
・重量  
・合計点 12点

パナソニックのまさに王道の商品です。パナソニック独自のナノケアによりサラサラの髪を体感できるでしょう。そしてこれにも当然のようにクールショット機能があります。

EH-KNのシリーズはたくさんのアタッチメントから選ぶことができますが、EH-KN89にはサロンブローブラシがあるのが魅力です。ヘアーアイロンを使う時のように髪を挟んで固定することができるので失敗がありません。

操作性と機能性は申し分ないと言えます。それで共に★5つです。

しかし、一番のネックはAmazonで11000円ほどという価格で★1つです。質と価格を比べると決してコストパフォーマンスが悪い訳ではありません。

でも一台のくるくるドライヤーに一万円以上使うのは勇気のいる事でもあります。低コストの製品の中から良い物を探す、という意味合いにおいては少しずれているため、第四位の12点と同点ではありますが第五位とのランク付けをしました。

375グラムの重量も★1つです。価格と重量、もう少し下がったらいいですよね。

今回のランキングでは第一位から第三位までをテスコムが占める結果となりました。テスコムの製品は安価ながらもしっかりしているので本当に庶民の味方ですね。

コスパの良し悪しは使う側の目的とも関係してきます。ここに挙げたポイントを参考にしながら自分に合ったくるくるドライヤーを探してみてください。